お知らせ

2017.07.22

7月19日 できるかな?おしっこシーシー 終了しました

”オムツはずし・トイレトレーニング”について
元新川保育園長 中村喜美江先生よりお話をお伺いしました。

この頃は3歳のお誕生日あたりにオムツがはずれ
”おにいちゃんパンツ””おねえちゃんパンツ”になればいいねーと
ゆっくりペースのようですが、
衣類の着脱が楽な薄着の夏、洗濯物がすぐに乾く夏は
やはり好機到来ということです。

乳児のころから保育園に通っている子の中には
案外親が気にすることもなく「いつの間かオムツ取れてたー」と
「保育園でやってもらったー」と
パンツに移行できたという声も聞きますが、
多くは今回お集まりのママたちのように
「声掛けしてもイヤ!っていうんですよ。」
「トイレ怖いって行こうとしないんです。」
「教えてくれるんですけど、その時はもう出ているんです。」なとど
それぞれ悩みを抱えています。

先生にアドバイスをいただきながら、気持ちを軽くされた様子のママたち。

”オムツはずし”がママたちのあせりにつながらないことを願い講座を終えました。

2017.07.16

7月12日 暑さに負けないゾ!熱中症対策! 終了しました

7月12日(水)
水・スイ・す~い!

暑くても「お外行こう~ お外行こう~」と
言うんですよ。という2歳児と持つママたちからの
声を受けたの企画となりました。

講師は健康保健センターの保健師盛重さんにお越しいただきました。

「今日は曇っていますが、温度は何度だと思いますか? 湿度は?」
との 問から始まった熱中症対策

体温調節の機能が十分に発達していない乳幼児は大人よりも
熱中症にかかり易いといわれています。

1.水分を多めにこまめにとろう!
2.熱や日差しから守ろう!
3.地面の熱に気をつけよう!
4.熱い環境に置き去りにしないようにしよう!
5.室内遊びも油断しないようにしよう!
6.周りの大人が気にかけよう!
7.外で熱中になりすぎない!

以上留意しながらこの暑い夏を乗り切っていきたいものです。

2017.07.06

7月5日(水) おはなし出てこい&簡単絵本作り 終了しました

 7月5日(水)水・スイ・すーい!

”おはなし出てこい&簡単絵本作り”

今回は当かねこキッズクラブの平佐が担当しました。
読み聞かせは定番の”だるまさんが”と
フランスのロングセラー絵本の”うんちっち”

ママのお膝に腰かけながら「だ・る・ま・さ・ん・が」と
体を揺らしてくれる子、大笑いをしながらプシュ~~、プッ
ビロ~ンを表現してくれる子

”うんちっち”は言葉の響きがいいのか読み進めるうち
「うんていっていっ」と2歳児の後追いつぶやきが聴こえてきました。

さて、絵本作りはといいますとB3の用紙に8当分の折り目を付け、
1か所切り込みを入れ、折り直すとノート状に仕上がるというもの
それに、クレヨンでオリジナルの絵とお話を書き入れていきます。

1歳間近の女の子は”おいしそうなものみっけ”とばかり
緑色のクレヨンを口に運ぼうとして「あ~、歯が緑色になる~」とママが 叫んだ時には、
2本並んだ小さな下の歯がちょっぴりみ・ど・りに・・・

ママはウェットティシュで歯を拭き拭きしつつも、
しっかりそれをネタに絵本を完成させていた姿に
関心するやら笑えるや・・・

「何を書こう」と悩んでいたママたちも
「子どもが発することばって詩のように聞こえる事もあるよ」と伝えると
「あーそうですね。その感性を持っていないと
素敵な事を伝えてくれても、素通りになっちゃんですね。」と
答えて下さった方もあり、
あの緑色のかわいい歯と共に今日を彩るページとなりました。

 

 

2017.06.30

6月28日 10時の開館と同時に続々とやってくるママ&キッズ

水・スイ・すーい!も3回目となるとだいぶ定着したいたようで、
「たのしみにしちょったんよ~」
「この近くを通ると(子どもが)行こう!行こうって言うんよ。」

とおしゃべりも弾んでいるママたち🎵

今日のイベントは、“ママといっしょに七夕オーナメント作り”

見本を皆さんに見てもらうと、
「わあ、かわいい!」
「これすぐ飾ろう!」
「おしゃれ~」と口々に感想が飛び交います。

いざ、制作開始!

穐村先生のやさしい語り口に耳を傾けつつ
折り紙と格闘の小一時間

願いごとを書いた短冊はおうちに帰ってから
そーとかざることとしてお開きとなりました。

皆が穏やかに平和に暮らせるように。

2017.06.22

6月21日 栄養士のヨーコ先生を囲んで

”食のお悩みありませんか?一緒におしゃべりしましょう!”
と題して、栄養士のヨーコ先生を囲んで
食の悩み、それに関して便秘相談まで続いていきました。

途中であるママが(ヨーコ先生に向かって)
「あの~ 小野田の保育園の給食の先生?」との問いがあり
ママ&先生双方が顔を見合わせていると・・・

ヨーコ先生から「あっ! ○○ちゃん!?」と幼い頃の
そのままで応えられ一同笑いに包まる一コマもあり、
ほのぼのとしたなんだかあったかい雰囲気で開催されました。

最後ママの感想で

「生きることは食べること」

「食べることは生きること」

食の習慣・生活の大切さに改めて貴重な時間となりました。

と。

私たちも子どもたちが大人になって成人病などの疾病に苦しまず
健康で充実した日々を過ごして欲しいと望んでいます。

小さい頃から習慣づけていれば、それが当たり前となり
決して苦しいものではなくなるはずです。

今一度、私たちも食の習慣、生活を見直すいいチャンスに
なったような気がします。