お知らせ

2017.08.05

8月2日 工作コーナーを設けました 終了しました

8月2日(水曜日)
夏休み 真っ盛り。
園児や小学生の利用が増えるだろうと予測して
今回は 工作コーナーを設けてみました。

共通のテーマは
*おしゃべりな生き物*です。

ある親子は「あんばんまん」また ある親子は「亀さん作ろ」とせっせと製作しています。
「ぼく ヘラクレス」と カブトムシの図鑑を開きつつ 紙コップやモールを 器用に組み合わせて作っていたのは一年生。

おしゃべりな生き物にするために もう一工夫します。
ストロー笛を差し込んで…「プピープピー」音が出れば完成です。

できたものを 見比べながら 皆でプピープピー …
あーっ、セミに負けないくらいの音量?の おしゃべりな生き物達となりました。

2017.07.30

7月26日 噛み合わせが決める正しい呼吸 終了しました

講師はあいおい歯科古野智美先生です。

かねこキッズクラブ向かいのあいおい歯科からなんと両手のひらに
それぞれに頭蓋骨(噛み合わせの標本?)を乗せ、あの横断歩道を颯爽と渡って
お越しくださいました。

かねこキッズクラブからその様子を眺めていた数名・・・
「あんなかっこ良くガイコツを持っている人って初めて見た!」
「ガイコツも前向いてる。」
「信号と止まっている車の人たち、驚いたんじゃない?」
と講座前から盛り上がりました。

いよいよ講座開始!
皆さん”息息(そくいく)”という聞きなれない言葉に興味深々の様子です。

息は口で?鼻で?普段意識せずにしている呼吸ですが、
”鼻”でなければならないそうです。

現代は上顎(うわあご)の未発達な人が多く、上顎の狭い子はその上にある鼻腔(びくう)の
容量も狭くなり鼻呼吸がしづらくなって口呼吸をしてしまうそうです。

上顎が未発達ということは歯もちゃんと並ばないということ。
さらには上顎にあわせて下顎(したあご)も成長するから
下顎も成長も遅れ、 下の歯並びも悪くなるととのことです。

「歯並びを整えるということは、顎(あご)の正しい成長を促すことで
それが健康な、からだの成長を促すのです。
今、「食育」と同等の意味で「息育」が注目されています。
息を育てる。食べることも重要ですが、正しい呼吸をすることも重要なのです。」

という言葉は人生をも左右するものだと感じました。

次回、古野先生の「歯のおはなし」は9月6日(水)の予定です。

2017.07.26

8月16日 お盆休み 9月6日 歯科医古野先生

毎日暑い日々が続きますね。

朝からセミの声に起こされる毎日ですが、
日中は子どもたちの楽しそうな声が聞こえ
夏休み突入である日々を感じます。

お盆休みは8月16日ですので、
お間違えの無いようにお願いいたします。

9月6日は歯科医の古野先生のお話を企画しております。
楽しいお話をまたしていただけると思います。

 

2017.07.22

7月19日 できるかな?おしっこシーシー 終了しました

”オムツはずし・トイレトレーニング”について
元新川保育園長 中村喜美江先生よりお話をお伺いしました。

この頃は3歳のお誕生日あたりにオムツがはずれ
”おにいちゃんパンツ””おねえちゃんパンツ”になればいいねーと
ゆっくりペースのようですが、
衣類の着脱が楽な薄着の夏、洗濯物がすぐに乾く夏は
やはり好機到来ということです。

乳児のころから保育園に通っている子の中には
案外親が気にすることもなく「いつの間かオムツ取れてたー」と
「保育園でやってもらったー」と
パンツに移行できたという声も聞きますが、
多くは今回お集まりのママたちのように
「声掛けしてもイヤ!っていうんですよ。」
「トイレ怖いって行こうとしないんです。」
「教えてくれるんですけど、その時はもう出ているんです。」なとど
それぞれ悩みを抱えています。

先生にアドバイスをいただきながら、気持ちを軽くされた様子のママたち。

”オムツはずし”がママたちのあせりにつながらないことを願い講座を終えました。

2017.07.16

7月12日 暑さに負けないゾ!熱中症対策! 終了しました

7月12日(水)
水・スイ・す~い!

暑くても「お外行こう~ お外行こう~」と
言うんですよ。という2歳児と持つママたちからの
声を受けたの企画となりました。

講師は健康保健センターの保健師盛重さんにお越しいただきました。

「今日は曇っていますが、温度は何度だと思いますか? 湿度は?」
との 問から始まった熱中症対策

体温調節の機能が十分に発達していない乳幼児は大人よりも
熱中症にかかり易いといわれています。

1.水分を多めにこまめにとろう!
2.熱や日差しから守ろう!
3.地面の熱に気をつけよう!
4.熱い環境に置き去りにしないようにしよう!
5.室内遊びも油断しないようにしよう!
6.周りの大人が気にかけよう!
7.外で熱中になりすぎない!

以上留意しながらこの暑い夏を乗り切っていきたいものです。

«...23456...»